ポスティングとは

「ポスティング」とは、各家庭や事業所のポストに広告を直接投函するチラシ広告のひとつです。

広告主自身 (事業主や社員など) が直接投稿することも出来ますし、ポスティング代行事業などを利用すれば数千~数万軒を対象とした広範囲にチラシを届けることが出来ます。

「ポスティング広告」と「新聞折り込みチラシ」の違いは?

「ポスティング広告」とよく似た広告媒体として、「新聞折り込み」が挙げられます。どちらも広告媒体としてチラシを利用する手法ですが、その特性は大きく異なるものなのです。

新聞折り込みは、新聞購読者を対象としたマス広告であるため、ターゲットセグメントは「新聞を読む中高年」「対象地域に住んでいる人」などざっくりとしたものになりがちです。

一方ポスティング広告は、チラシを投函する対象地域や住宅などを任意で決めることができるため、より詳細なセグメントに基づいた広告アプローチが可能です。

ポスティングで得られる広告効果とメリット

特定のターゲット層を狙い撃ちしやすい

特定の地域・住宅に対して直接チラシを届けるポスティング広告では、より限定的な広告を届けることが出来ます。

例えば「高級マンション」を対象とすれば、住んでいる地域や住人の年齢だけでなく、所得状況、家族構成などさらに細かいセグメントに基づいてチラシを届けることが出来ます。

配布地域の需要をしっかりと分析した上でポスティングを行えば、マス広告よりも効果的なアプローチが出来るでしょう。


チラシ以外の配布物も利用出来る

ポスティング広告では、チラシ以外にも様々な配布物を添付することが出来ます。

一般的な新聞折り込みチラシでは数枚程度の紙面しか選択肢がありません。

広告主が独自に行うポスティングでは、担当者の名刺やクリアファイル、カタログ、飴などのオマケまで、自由度の高い広告を提供することが出来ます。

郵便物に一風変わった広告が届いていれば、捨てられてしまうリスクは低下しますし、記憶にも残りやすくなるでしょう。

ポストに入るモノならば、何でも選択肢に加えることが出来るのが、ポスティングの強みなのです。


潜在顧客のニーズを発掘出来る

商材のタイプによっては、継続的なポスティングによって市場のニーズが判明することも多いです。

長期にわたって複数回ポスティングを行っていると、問い合わせの多い地域やリピーターの属性などが判明してくるため、潜在顧客を発見する足掛かりを得ることが出来ます。

また、複数回ポスティングを行っているうちに、対象地域でどんなニーズが眠っているのか、周辺地域にはどんな商圏が出来ているのかなど、その地域の市場動向を理解することが出来るのです。